【保存版】カラーの修正例。

さいたま市大宮駅東口徒歩5分

『なりたいを叶える美容室』

Hip’s deco / ヒップスデコ

店長の平井惇司(ヒライアツシ)です!

【保存版】

新規のお客様でカラーの修正で来店される人もちらほら。

そのカラー修正の1例を。

※長めの文になります。。

他店で1週間前にカラーをしたそうで。

現状は、

・根元7cmが明るく、9レベル程の明るさ。

・中間に黒いラインが7cm幅で全体に。

・毛先は8レベルの明るさに、部分的に黒い部分あり。

カウンセリングの結果、

「1年前までブリーチとかいろいろ明るい色をやっていた。」

「半年ほど前に就活の為、暗めの色にした。」

「その時の美容師さんは黒染めの薬は使ってないと言っていた。」

「1週間前に9レベルの明るさに別の美容室でカラーしてもらった。」

「仕上がりに不満はあったが、その時の美容師さんには、履歴が複雑だからしょうがないと言われた。」

以上の情報から、

『半年前に黒染めの薬に近い、かなり濃い薬剤で、ほぼ黒染めを行っている。』

『前回9レベルのカラーをした時に、根元から毛先まで1つの薬で施術している。』

『その結果、半年前の黒染めしてある場所が、明るくならず黒く7センチほどの幅で黒いラインが出ている。』

『毛先はもともとブリーチなどの履歴があり、ベースが明るいところに暗くしたので、前回の薬でも色が多少明るくなった。』

という判断を。

確かに複雑な履歴があり、難しそうな状態ですが、

前回のカラーを行った美容師さんが、

適切なカウンセリングを行わなかったから、今回の状態になったのでしょう。。

そこで今回は、

【根元の明るい部分をやや暗くする。】

【中間の黒い部分には、ケアブリーチで明るいハイライトを細かくいれてなじませる。】

【毛先もハイライトで色ムラをやわらげる。】

【色味は馴染ませを優先するのでブラウンベースで。】

【1回でキレイには難しい。2~3回カラーを重ねて、徐々にキレイにしましょう。】

そんなプランを説明しました。

黒いラインは横なので、

縦のラインのハイライトで馴染ませる方法です。

こんな感じで、ハイライトを黒い部分から毛先にかけて大量に。

そして1回流して、 根元を暗くしながらブラウンベースの薬で全体に。

その仕上がりはこちら。

まだ若干黒い部分は見えますが、

かなり馴染んだのではないでしょうか♪︎

暗めの照明であれば、ほぼわからなくなっているかと。

ビフォーアフターはこちら。

かなり修正されましたね!

今後は根元付近を暗めの色で染めながら、

毛先は色を補充していけば、あと2~3回でかなりキレイになるでしょう。

次回は今回の施術で得た髪の情報があるので、カルテにしっかり情報を置くので安心感があります。

今回は

ケアブリーチハイライト¥5400

オンカラー¥6480

で修正を。

ちなみに前回の他店カラーは、

カットカラートリートメントで¥7000

修正カラーの方が高くなってしまいますが、修正には技術が必要となります。

安易に値段で決めるのではなく、

情報を見極めるのが大切です。

お悩みがあれば、お気軽にご相談ください^^