髪の傷みが気になってバッサリ切る前に、枝毛カットを試して!!

さいたま市大宮駅東口徒歩5分

「なりたいを叶える美容室」

Hip’s deco / ヒップスデコ

店長の平井です^^

 

「髪の傷みが気になってバッサリ切る前に」

髪の傷み・・・引っかかり・・・

気になりますよね〜。

何回トリートメントをしても、1ヶ月後には元通り。

本当に効果があるのかな?なんて思う人も少なくないはず。

では、傷みが気になる場合はバッサリ切るしかないのか??

 

ちょっと待って!

バッサリ切る前に試していただきたいことが!!!

それは、

「枝毛カット」

傷んだ毛先に現れる、枝分かれしたような毛。

・毛先の方の手触りが悪い

・手ぐしが通りにくい

・目で見て枝毛が多い!

そんな人には枝毛カットをお勧めします。

ハイトーン系のカラーを繰り返して、毛先に引っかかりがでできて、

まとまりがつきにくくなっている状態。

 

よく見えると枝毛がたくさん。。

その部分をピンポイントでカットして枝毛をなくせば手触りが良くなるのです!!!

 

色味を補充して、枝毛カットをしっかりやれば綺麗な状態に☆

「トリミングカット」

「トリートメントカット」

呼び方は色々ありますが、

枝毛の部分をしっかりカットできれば、長さをほぼ変えずに手触り良くなります♪

 

【髪のダメージは治らない】

トリートメントはダメージを無くすのではなく、擬似的な栄養を髪の内部に詰めて、

表面をコーティングするものがほとんどです。

コーティングが取れてきたら元どおりの状態に。

ちなみに、

ホームケアで使うトリートメントもコーティング剤が入っております。

いわゆる「シリコン」

「〜ポリマー」とか表記が違うこともあります。

しかし、このコーティング剤がないと髪の表面は凸凹に。

ある程度の量のシリコンは必要なのです。

多すぎず、少なすぎず。

多く使えば良くなるものではないので、適切な量を守りましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも少しでも髪を傷めないのが良い!

薬剤を使う以上、ダメージレスは嘘になります。

傷まないカラー剤、傷まないパーマ液・・・

怪しさ半端ないです。

疑いましょう。

 

カラーやパーマはしたい!でも傷ませたくない!そんな人も多いはず。

傷まないのは原理的に難しいので、

・薬剤を使う回数を減らす(カラーやパーマの周期)

・カラーの場合はリタッチも併用する(カラーの2回に1回はリタッチにするなど)

・明るくするカラーは傷みやすいので、色味を入れるカラー剤(微アルカリカラー剤)も併用する

髪の体力は減点方式なので、

薬剤を使う=髪の体力の減点

体力がゼロになれば切れてしまいます。

 

それをしっかり考えて、選定、施術してくれる美容師さんにお任せするのが、

キレイな髪への近道です。

しっかりとした髪との対話が必要不可欠ですね!

 

よくわからない人は是非ご相談ください^^

ご予約はこちらから。

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000131622/stylist/T000339039/