【保存版】カラーの色持ちが悪くなる原因


さいたま市 大宮美容室

Hip’s  deco / ヒップスデコ
チーフスタイリスト 平井 惇司(ヒライアツシ)です^^

【保存版】

せっかく美容室でカラーしてキレイになったけど、

なんだか色持ちが悪い。。

そんな経験ありませんか??

それには原因があるかも。。

【カラーの色持ちを悪くする原因】

1、洗浄力の強いシャンプーを使っている!

洗浄力が強いシャンプーだと、髪に必要な皮膜の油分を取ってしまい、

カラーの色素のつぶつぶが出ていきやすい状態になります。

”カラー用もしくは、ダメージヘア用のシャンプー、美容師さんの勧めるシャンプーを使うのが良いでしょう。”

2、シャンプー後、何もつけずに自然乾燥。もしくは、すぐに乾かさない。

髪は濡れると、キューティクルが開きやすくなります。乾くと閉じるのですが、濡れたままだと蓋がされてないので、カラーの色素が出ていきやすい状態になります。

”すぐに乾かすか、ダメージによってアウトバストリートメントをつけてから乾かすのが良いです。”

3、コテやアイロンを高温で使いすぎる。

髪はタンパク質なので、高温すぎるとダメージの原因になり、キューティクルが剥がれやすくなります。キューティクルが剥がれると中の色素が出ていきやすい状態に。。

”低温、中温で使用する、熱対策のトリートメントをつけてからが良いです”

4、紫外線に当たりまくる。

紫外線によりダメージを受けるのでキューティクルが剥がれやすく。。
そして、色素が壊れやすくなるので、特に紫外線の当たりやすい表面が体色しやすくなります。

”最近は髪のUVスプレーなどあるので使用をお勧めします。”

5、乾燥させすぎる。

健康毛なら内部に水分が一定量残るのですが、
ダメージ毛だと乾燥しやすくなるので更なるダメージの原因に。
それが色持ちの悪い原因に。

”保湿力の高いアウトバス、トリートメントなどを使うと良いでしょう”

他にも意外な原因が。。

6、温泉の水

特にアルカリ性泉質のお湯だと、キューティクルが開いてしまうので、色素が出ていきやすく。

”温泉に髪をつけないように!”

7、お風呂に入る時に、毛先がお湯の中に。。

”濡れてると〜、なので、つけない!”

8、カラーが、ハイトーン希望

明るい髪は、そもそも色が持ちずらい。。

”美容師さんとよく相談しましょう”

9、そもそもカラーは退色するもの

カラーが仕上がった瞬間から、ゆるやかに退色は始まります。
退色していく工程もカラーが変化するということなので、楽しめることだと思います。

他にもホントかどーか分からないですが、

肉ばっかり食べるとか、

お酒を飲みすぎるとか、

不健康な生活、

ベジタリアンな生活、

偏った生活も原因と言われております。。

※他の美容師さん情報なので、話半分に。。

色の鮮やかさと、色持ちは両立するのがなかなか難しいのです。

次にいつごろカラーができそうか?

直近で何かイベントがあるか??

普段のホームケアは合っているのか???

よく相談をしたうえで、カラーをするのが良いと思います。

そして、それでもよく分からなかったらヒライまで。。

文章だけだと伝えられないこともたくさんあるので、

実際に髪の状態を見て、お話ができた方が早いかな☆

ご参考に。。