【保存版】柔らか質感にするためには。

さいたま市大宮駅東口美容室

Hip’s deco / ヒップスデコ

店長の平井惇司(ヒライアツシ)です!

【保存版】『柔らかい質感を出すためには』

ヘアスタイルにおいて、

『柔らかさ』がトレンドではないかと。

日本人の髪質は硬めの質感。

何故ならば、地毛が黒だから。

髪が太いのも1つの要因。

そんな髪をどうやって柔らかく見せるか?

アプローチとしては、

『黒い髪を明るくする』

ただ明るくするだけでなく、

「赤味」を削る作業が必要です。

ブリーチを使えれば早いですが、

使えない場合は、

赤の反対色、緑、青をかなり濃くいれること。

赤みを少なくすれば、

やわらかそうな色になります。

明るさはなるべく明るめが望ましいですね。

アッシュ系で暗くすると、逆に硬そうに見えることもあるので要注意。

色で柔らかくするためには、

【赤味を消して、明るくマット系アッシュ系ベージュ系にする】

これが良いでしょう♪︎

カットで柔らかく見せる

ヘアスタイルにもよりけりですが、

パツンとした切り口を残さないのと、

すき間をたっぷり作ってあげて、髪が動く場所を作るのがポイントです。

重めのスタイルの場合は、普段歩いたり動いたりしても、

髪がおおきく揺れることが少なく、まとまったイメージになりやすいです。

すき間をたっぷりつくり、「揺れる場所」をつくるのがポイントですね!

『スタイリングで柔らかく』

当然まっすぐな髪より、

ゆるく曲がっている方がやわらかそうに見えます。

その場合には『カールアイロン』『コテ』がかなり有効的ですね!

毛先をワンカール。

そして、

『ワンカール三段重ね』

カールを重ねることによって、

ズレが生じ、

すき間がたっぷりなカットと相乗効果。

スタイリング剤は、

『バーム系or スプレーワックス』

がおすすめ。

油分の多いオイルなどつけると、

ツヤが出すぎて硬そうな質感になってしまうので要注意。

柔らかそうなヘアスタイルには、

『赤味を消した明るめカラー』

『すき間たっぷり、切り口は筆のように』

『まっすぐより、カールをつけて曲げた方が良い。』

これがポイントですかね!

ぜひご参考に。

わからない場合は、

ご相談ください^^